人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

アジサイ

6月も梅雨に入ると、紫陽花のきれいな季節ですね。


うちの近所では、紫陽花を植えているお宅が多いです。
いや、お庭よりも、歩道に植えている場所が多いので・・・もしかして、役場がやっているのかもしれません。

この季節は近くの住宅地を歩くのが、楽しみです。


紫陽花は、色々な種類がありますが、やはりこのブルーの華やかな色が素敵です。

ガクアジサイも「和」な感じで良いですね~。


日本古来の紫陽花は、こっちのタイプだとか。


普段のウォーキングでは、住宅地はあまり歩きませんが、この時期は花を眺めながら歩きます。

実家にいた頃も、紫陽花を敷地のはしっこに植えていましたが、毎年美しい花を咲かせてくれて、とても楽しかった。


・・・という訳で、うちにも植えよう!と、紫陽花の苗を2本買ってきました。

とてもとても小さな苗。


これが大きくなるのに、どのくらいかかるでしょうか。

BBQには、美味しい映画

田舎ならではの娯楽。


お庭でBBQ(バーベキュー)^^

梅雨の合間の、晴れた日の夕方。庭にテーブルを出して、1杯やりながら映画を観ました。


タブレットで観たのはシェフ 三ツ星フードトラック始めました


ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、口うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。
心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて故郷のマイアミを訪れたカールは、そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。
カールはイネスやパーシー、仲間たちの協力を得て、マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けていく。(ストーリー 映画.comより)


グルメと家族愛とロードムービー的要素と・・・


ハートフルで、楽しい気分になれる映画です。


食べ物の映画って、良いですね~^^ 元気が出る。


美味しいものを食べながら、美味しい映画を観る・・・


どんだけ食いしん坊なんだ、という感じですが^^;

以前、住宅地に住んでいる頃は、BBQは公園や観光地など、遠くへ行ってやるものでしたが、田舎では、庭先でできるのです!


音も煙も、誰にも迷惑かかりませんからね~・・・


真夏になると、夜でも暑いし、虫だらけになるので、今が一番良い季節かもしれません。

猫は、重いものなのです

お客様と世間話をしていて、飼い猫を外飼いしている話を聞きました。


オスネコで、自由きままに外を出歩き、夜は家で休むそう。


ご飯はあげるけれども、トイレは家の中にはなく(どこか外でしている)、去勢していない(喧嘩に負けるから)。


「喧嘩ですごい怪我をして、頭半分腫れ上がっちゃって~(^▽^;)」「怪我の間は家に入れているんだけど、普段は外でトイレしてるから、出たがってねえ・・・鳴くから出してあげたのよ」と。


言いたい事があっても、はっきり言えない接客業の辛さよ・・。


この人は、自分の飼い猫が、他家の庭など決まった場所でトイレして、迷惑かけるだけでなく、猫自身が嫌われて、毒餌をまかれるかもしれない。・・・とは想像しないのかな?


去勢しないってことは、子供を作ってるかもしれず・・・不幸な猫がどんどん増えるのに加担している、とも考えないのかな?


私は、猫は完全室内飼い派です。


いろいろ理由はあるけれど、猫は野生動物ではないので、本ニャンの平安と幸せを考えた時に、飼い主にできる事は、ネコの生涯にあらゆる意味で責任を持つこと・・だと思っています。


考え方は人それぞれなので、自由きままに外で暮らす事、がネコにとっての幸せだ!と思う人の気持ちもわかります。私も若い頃に、それで悩んだ経験があります。


しかし、猫にとって、外は危険がたくさん。


病気・事故、虐待・毒餌、他の猫との喧嘩。
子ねこが増えると、誰かが捨てたり、川に流したり埋めて殺したり(ホントにやる人います)・・・マイナス面をあげればきりがない。


完全室内飼い猫の寿命は16~17年なのに対し、半外猫はその半分くらい・・・と言われているのも、これらの危険をよく表していると思う。


穏やかに長生きする事だけが幸せではない、と言われればそれまでです。


でも、猫の生き方は、飼い主が選択できる事なのにも関わらず、「自由」を一義的に考えて、それに伴う苦痛をネコらに引き受けさせるのは、果たしてどうなのか。


そういう飼い主はえてしてポジティブでありまして・・・
事故で死んでも病気に感染しても、異常者につかまって虐待されても、「自由に楽しく生きられたよね・・」と、割と肯定的に受け止めているように思います。


うちのPちゃんは、保護猫としてうちにやってきました。
保護主さんが捕まえてなければ、野良猫か、良くて地域猫の運勢だったでしょう。


保護主の私への譲渡条件は、完全室内飼いと、去勢手術や医療の実施。
家族全員の了解と住宅事情・脱走防止、その他諸々・・・色々ありました。


本当にPちゃんの幸せを考えているならば、当然の条件だと思います。


誰がその猫の飼い主になるか。


飼い主の価値観はそれぞれ違うと思いますが、猫にとってはものすごく重要な事です。
文字通り、運勢や寿命がガラリと変わる。


昨日のお客様に、もっと重く、重要な事だと思ってもらいたかった。
「外猫は危険なのよ」だけではなく、「猫の全責任は、飼い主が負うものなのよ。」
「軽くない。重いものなのよ。」と、やんわりと伝えられれば良かった。


あ~・・接客業だからって、遠慮するんじゃなかった!






「コレクター」 ジョン・ファウルズ

10代の頃に1度読んだきり、数十年間本棚にあった「コレクター」を、もう1度読みました。


あらすじ(Amazon)
網で捕った蝶を殺し、虫ピンで止めて飾って眺めるのを生き甲斐にしていた孤独な青年が、ある日それを美しい女に試みようと思い立ち娘を誘拐する……
一面、警察の調書のように非個性的でありながら、表現力豊かな文体で描かれたサスペンス小説の傑作。
わが国でも公開された米映画の原作。

今年に入ってから本棚の整理をしているのですが、「手放す前にもう1度読んでみよう」と思っている本が何冊かあり、これもその1つ。


読んだ時、妙に印象に残った本でした。だからこそ、読みもしないのに30年くらい本棚にしまっていた訳でして。


でも、当時はそんなに深く理解していた訳でもなく・・・


異常心理、という普通ではないものに、引きつけられていただけだったかもしれません。


今になってもう1度読んでみると、少し視点が変わっているのに気が付きました。


昔は、加害者である男性の心理ばかりに注目していましたが、被害女性の心理も、以前よりもずっと入り込む事ができる。


捉えられた蝶が、カゴの中でバタバタ暴れて、必死で状況から逃げ出そうとしているように、彼女の心の動きが、すごく身近に感じられます。


小説の前半は、加害青年にスポットをあて、一人称も彼自身。


後半は、被害女性の日記、という形の、彼女の一人語りが続く訳ですが


この後半部分の、どんどんとクライマックスに向けて追い詰められていく様子が、すごく上手い。


加害者の青年は、「美しい」という理由のみで、被害女性を誘拐・監禁するのだけど、彼女と心の面でも交流したいかというと・・・そんな事には、一切興味がなく


反面、誘拐された彼女の方は、何とか脱出するために、加害青年そのものを理解しよう、と、心に訴えかける事もするのだけど、全く無駄な事で


この辺の「人間、誰しも共通言語を持っている訳ではない」というのも、リアリティある部分なのかもしれません。
種類の違う人間というのは、いるものです。


異常な心理・・・この手の犯罪者は、割とどの国にもいると思うので、そういう心理を良く表しているかもしれません。


犯罪を犯しても、彼には彼なりの理屈や正論があり、圧倒的な力と状況で相手をねじふせている割には、自分の中でそれが「可」となっている。


怖いね。
普段の人間関係でも、ザラにある心理だと思いますので・・・


小説としてはすごく面白いですよ。おすすめです。


ただ、気持ちは明るくならないので、どよーん・・としたい人限定^^;




買っちゃった

ヨーグルトメーカーを買いました。


昨年、ピロリ菌治療のために、ヨーグルトを食べ始めてから7~8か月。


ほぼ毎日食べたり飲んだりしているので、1人分の割には、消費量が多いです。
1Lパックですと、2~3日で飲んでしまいます。


最近は、飲むヨーグルトをメインにしていたため、糖分の事も気になっておりました(結構甘いよね!)。


ネットでヨーグルトメーカーなるものがある事を知り、節約にもなるし、余計なものを入れなくても済むし・・・と、試しに買ってみました^^


こちらは、「飲むヨーグルトが作れる」というのが売りの、最新型です↓

ヨーグルトなら何でもOKですので、お高いヨーグルト(R-1など)も作れるんですよ!
種菌が必要なのは最初だけなので、牛乳さえ買えば、後はずっと1Lずつ作れるんですよ!


さっそく「R-1飲むタイプ」で作ってみたところ・・・
液体ではなく、固形になってしまいました(;^ω^)


でもこれは、作り終わってもしばらくほったらかしていた自分が悪いです。


すぐに冷蔵庫にしまわないと、どんどん発酵が進んで、固形ヨーグルトになってしまうようです。


気になるお味の方ですが・・・


すごくおいしかった!


生乳の新鮮さそのままで、市販のヨーグルトとは全然違う!糖分を入れなくても、充分美味しく食べれましたよ。


良いもの買ってしまった^^