人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

再購入

アマゾンで、リストバンドを買いました。

・・・・実はこれ、8月に購入した商品の、再購入になります。



家の中で無くしましてね・・・


どこに行ったんだろう?


でも、Pちゃんが、これをくわえて歩いているのを2~3度見かけたので・・・・


たぶん、犯ニャンはPちゃんです。


この手の物は、捨てたりしないので、必ず家の中にあるはずなんですが、もう探すのが面倒で。


前回購入時よりも、数百円値下がりしており、もう買ってもいいか!・・と買いました。


そして、再購入あるあるかもしれませんが・・・


買ったとたんに、古いものが出てきました。


まあ・・・そういう事もあるよね・・・


・・・うん。


こうありたい。人として。

初めて入ったパン屋さんで、黒猫パンを売っていました。


チョコ味のかわいいパン^^

(ん?・・・見ようによっては、ちょっとコワい?(^▽^;))


こういうの見ると、ついつい買ってしまいます。


うちのニャンコは、白ですが・・・

ネコなら何でも良いのです。ネコはみんな好きなのです。


今朝がた、仕事もせずツイッターをつらつらと眺めていて、素晴らしい動画を見つけました。


2013年にニュージーランドで同性婚を認める法案が成立する際に、賛成票を投じたある議員が国会で行った演説。



反対する人々に向けて、簡潔で、ユーモアもあり、心に訴えかけ、そして、説得力のある演説。


「異質なものを遠ざけたい、という気持ちはわかります。われわれはみんなそんなものです。」


「でも、この法案が通ったからと言って、太陽は明日もまた昇る。」
「人生は何も変わったりしません」


素晴らしく心に訴える演説。


国会演説でコレ・・・というのが、また驚きです。
通常の(日本の)国会演説は、アレですからね・・・。


この演説が有名になったであろう2013年当時は、知りませんでした。


この所、宮中晩さん会の同性パートナー出席について、ニュースで色々取りざたされている事が多いため、この動画が再度注目されていたのでしょう。
この機に見る事が出来て、良かった。


自分の中の、自分と異なるものへの不安や恐怖は、誰もが持つものだと思う。
持つことは仕方がない。

排除したい、近くにあってほしくない・・・と思うのは自然な気持ちだと思いますから。


でも、「違う」というだけで線引きし、排除するような社会であってもいかんよ・・・と思います。


私も、彼のように考えられる人間でありたい。


そしてまた、反対していた人たちも、この演説により(かどうかわかりませんが)、自分の中で決まっていた価値観に疑問を投げかけ、再度考える事をしたのでれば、それはそれで素晴らしい。


良い動画だった。ツイッター素晴らしい。


・・・そろそろ仕事に戻ります(;^ω^)

無理しなくても、良い。

前回、こちらに書きました記事について・・・


色々なコメントを、ありがとうございました!


おおむね「言わない」事が主流のようで、その理由も、すべてふむふむと肯けるものばかり・・・
友人に会う前に、私自身の言葉を固めるのに、とても参考になりました。


友人と美味しい物を食べ、話をたくさん聞き、思った事を話し・・・


参考になってくれたかな?
プラスになる事があったかな?


少なくとも、元気を出してくれれば良いな。


○○すべきか・・・という話って、答えようがないんですね。


だって、私は彼女じゃない。


性格も違うし、やり方も違う。


人との付き合い方も違うから、私が良いと思う方法が、彼女に合うとは限らない。


確かに、職場の人間関係で理不尽な事は多かった様子(片手落ちの判断)ですが、でも、理不尽だ、と思ったら、多少気まずくなっても、私ならばその場でそれを言ったと思う。


しかし、彼女は言えない。


割とおっとりしていて、おかしいな?と思っても、正確にそれを理解するのにとても時間がかかるタイプなので、余計に言えなかったのでしょう。


友人で、長い付き合いなので、彼女の良い部分も悪い部分も理解できますが、職場は友人関係ではありませんから、そこまでのんびりはしていないでしょうねえ・・・。


彼女に対し、「もっとこうすれば良いのに!」という所はたくさんあります。
しかし、出来ない人に「やれ」と言っても仕方がない。


これはねー・・私、トラウマがありまして。


若い頃に、別の友人からやはり色々相談を受けた時に、


「もっと〇〇しなきゃ」「ちゃんと言わなきゃ」


・・的な意見を言いましたら、そのコに泣きながら


「誰もが思っている事をはっきり言えるわけじゃない。言えない人もいる。もっと弱い人の気持ちもわかって」


と、言われてしまいまして・・・。


かれこれ20年以上前の話ですが、未だにこれが色々な場面で、言動にブレーキをかけてきます。


まあ、この時泣いた彼女も、今はガンガン色々言える人になっているかもしれませんが・・・


それでも、世の中に「言えない人」「動けない人」がいるのを忘れちゃならん、と、常に思っています。


友人が本当に


「あちこちで上手く行かないのを変えたい」「言えるようになりたい」


と言うのなら、協力は惜しみませんが、その場を移動して、


「いやな場所だったなー」


で終わらせてしまうのであれば・・・それはそれで良い気もする。


そのように逃げたとしても・・・うーん、逃げる事も、別に悪くないと思う。


無理する事ない。私は、苦労は買ってでもしろ主義ではない。


自分が心地良くいれる場所を見つけて、そこで過ごす事ができれば、こんな幸せなことないと思う。旦那さんもがんばって働いている家庭だしねえ・・・。


無理して働くな!・・と言いたいです。

本当の事を言う人。言わない人。

友人が、会社を辞めたい・・・という話を、最近するようになりました。


辞めたいけど、やめられない。
愚痴を言いたいから聞いて?・・・というなら、フンフン聞いて「一杯飲みなよ」となるのですが。


辞める事に決めたそうで。


そしてその際に、「その会社を辞める理由として、思っていたことを言うのはNGか?」と尋ねられました。


会社の部署の雰囲気があまりにも悪く、毎日ストレスフルだったそうです。

直接的に、いじめ?(加害?)的な事があったかは、わかりませんが、他の場所でも何度かそういう事があったので・・・色々言われたのかもしれないなあ。


辛いなら、やめた方が良いと思う。

でも、辞める時に「部署の雰囲気が悪すぎて、皆さんの○○な部分がダメで、続けられない」と言うべきかというと・・・


私個人は、言わない方です。


無難に、家庭の事情とか、介護とか、体調とか、引越とか・・・
誰が聞いても「仕方ないね」と思う理由を、ひねり出すと思う。


でも、彼女の「最後に、どんないやな場所だったか、言いたい!」という気持ちもわかる。
ここで相手に言っておかないと、もやもやした心の中のストレスが、行き場を失ってしまうんだね。


わかる。

わかるけど・・・個人的にはおすすめできない。


言う事で心の中のストレスが、少しは晴れるかもしれない。
でも言う事で、別のストレスを引き受けなければならないかもしれない。


人は、「アナタ間違っている」と言われた時に、「そうだね・・・ごめんね」とは、そうそう言わないと思う。


おそらく、反論され、もしかしたらもっと攻撃されるかもしれない。「アナタが悪いのよ」と。


「みんな普通に仕事できているのに、アナタできないんでしょ?あなたに責任あるんじゃないの?」と言われるかもしれない。


いじめ問題だって、被害者に問題あり・・・という意見が多いこの国です。雰囲気が悪く、攻撃的な人が多い職場ならば、こう言われる可能性は大だと思う。


逆に、「そんなに辛かったのね・・ごめんなさいね。改めるから、もう少し続けて?」と言われたら、どうする?


辞める理由がなくなったら、やめられない。


本当に思っていることを言う事で、他にも色々な可能性バージョンが出てきます。


いずれにしても、「○○だから辞めたい」→「わかりました」とは、なかなか行かないのではないかなあ・・・。


そこを辞めるつもりなのに、また新たなストレスをしょい込んでしまうんではないかなあ・・・。


私自身は、「本当の理由を言う」事で、良い事・悪い事を天秤にかけると、悪い事の方が多いのではないかな・・・と思っています。


ただ、「思っていたことを(理解されなくても)言う」という事が、彼女にとって何よりも大きく、重い事であれば、上の天秤は、逆に傾くのでしょう。


最終的には本人の判断です。


「真ん中ちゃんなら、どうする?」と聞かれたからには、自分の考えを話しておかなければなー・・・と思います。


でも、彼女はきっと「思っている事を、言った方が良いよ!」と言ってもらいたいんだろうなー・・・


なんて言ってあげたら良いだろう・・・。


友人には、明日会う約束をしています。
悩む・・・(ーー゛)

貴重なお日さま

だんだんと気温が低くなり、朝晩はだいぶ冷えるようになりました。


私が住むのは、埼玉でも気温が低くなることで有名な場所ですが、ここ数日は、朝と夜、車の表示に「凍結注意」の文字が出ます。


冷えますねー!(;^ω^)


Pちゃんの部屋は、東南に位置し、家の中で最も日当たりの良い場所ですが、それでもだんだんと冷えるようになってきました。


お天気の良い日の日差しは、とっても貴重。

ぽかぽかお日様の光が入って来ると、お昼寝も漫喫できます。

・・・まあ、Pちゃんは、ほとんどの時間を「ホカホカマットの上に載せたドームハウス」で過ごしているので、そこまで太陽に頼っている訳ではないかもしれませんが・・・。


これからもっと寒くなりますからね。
風邪をひかせないよう、気を付けなければ。


花の時期はとっくに終わったはずなのに、


1本だけ、ぽつんと咲いているコスモスの花がありました。

のんびりしているコなのかな^^