人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

幸せな夫婦は見てはいけない映画

私は、月額数百円で、多くの映画やTVドラマが見放題のdTVに加入しています。

その為、映画やドラマを、ちょこちょこ観る事ができるのですが・・


先日観た映画が、結構印象的だったため、レビューまがいの記事を書いておきます。


Amazon | ブルーバレンタイン [DVD] | 映画


まず最初に書いておきますが・・・・


これは、幸せな夫婦/カップルは見てはいけません!

少なくとも、一緒には見てはいけません・・


そういう映画だと思います。


あらすじ↓はアマゾンから拝借

ディーンとシンディ夫婦は娘との3人暮らし。
長年の努力の末に資格を取り、忙しく病院で働く妻シンディ。一方、夫ディーンの仕事は芳しくなく、お互い相手に対して不満を抱えるように…。
過去と現在が交錯し、愛の終わりと誕生が重なり合うラブストーリー。


ざっくりとしたあらすじは、上記の通りなのですが・・・


この映画は、なかなか衝撃度が強いですよ。


それは、映像云々よりも(そっちもそこそこ衝撃ありますが)、ストーリーのリアルさが、あまりにもリアルすぎて、きつい人にはきつい・・と感じると思います。


ストーリーをもう少し詳しく書くと・・


結婚7年目のディーンとシンディは、夫婦で言うと倦怠期というのかな・・?
かなり「冷めた」時期に入っています。


しかし、そんな彼らも、他の多くの冷めた夫婦と同様、若く、愛情と思いやりに満ちていた頃がありました。


この映画は、その「若かりし頃」と、「7年後のかみ合わない2人」を、同時進行で、交互に映し出して行くのです。


ちょっとネタバレあるので、見よう!と思う人は、
ココからは↓読まない方が良いかも?^^;







これは、愛が生まれて、実を結び、
そして枯れて、やがて消滅する・・という話です。


映画同様、愛情によって結婚し、数年経ったら「あの気持ちはどこへ・・?」と思っているような夫婦にとっては、見るのがかなり辛い映画な訳です。


なぜそんなに気持ちが冷めてしまったのか(特に、妻のシンディー)、理由は一つではなくて、数年の間の色々な事の積み重ねだと思うのですが


客観的に見ると、妻の不満は、夫の仕事がイマイチ(収入/内容ともに)で、家事などの負担は自分に対して大きく・・


夫の不満は、妻が自分を愛していない(らしい)、応えてくれない・・


この辺かなー・・と思うのですが、どうでしょう。


おそらく、上記原因に加え、他の事情も色々絡み合って、ほどけなくなっているんでしょう。


お互いに、愛がまだ生きている時だったら、溝を埋めるための努力が有効だったのでしょう。


しかし、愛が枯れてしまうと・・・もう、「話をして溝を埋めたい」という意欲さえも湧いてこない・・・


それでも、夫・ディーンの方は、自分なりのやり方で、妻との溝を埋めようと努力します。
まあ、愛していると言ったり、ホテルに誘ったりですね・・・しかし、妻はもう、そういうのめんどい・・・としか思っていない訳で。


妻は妻で、夫の仕事について、もっと向上してもらいたい!・・と働きかけますが、夫の方は「今のままでなんで悪い」と思っている訳で。


おそらく、妻は、愛していると言われても、「それなら〇〇してよ」「ホテルなんか行く前にやる事あるでしょう?」と思っていて、


夫の方は、今現在の、等身大の自分を受け入れてくれない妻に「これが俺なんだよ!受け入れてくれ」という気持ちがあるのでしょう。


あくまでも私の解釈です^^;


2人とも、かみ合わないのです。求めるものが違う。選ぶ価値も違う。


どうせ話しても、分かり合えないだろう、と、経験で、知ってしまっているのです。


2人には子供もいるのですが、実はその子はディーンの子ではありません。妻シンディーの独身時代にできちゃった子供なのです。
それを、「俺の子として育てる」と、ディーンが申し出て、シンディーは、それに感謝し・・確かにその時、彼を愛していたんです。


あの2人はどこへ・・・?


たいていの映画やドラマは、最も輝ける「愛の誕生~全盛期」しか、描いていないと思います。


しかし、実際は、「その後」の方が、ずっとずっと長いのです。


この映画のように、その輝きが薄れ、やがて無くなり、死んでいく姿を、リアルに描いた映画は、珍しいかもしれません。



物事の習得、ということ

普段、私は1人で仕事をしております。もくもくと、自分に課した仕事を、こなす毎日です。


そんな日常ですが、自宅外で仕事をする事もあります。


人様の職場で、仕事をする事もままありますが、そういう時に、他の職場ではどのように仕事が行われているのか・・・


たまに見ると、なかなか興味深いものですね。


先日、1日滞在した先で、私が仕事をしている隣の部屋(というか、仕切りの向こう)で、ずっと新人教育が行われておりました。


これまで私が所属した「会社」というものは、比較的大人数の所が多く・・


その為か、新人教育などは、マニュアルがきちんと存在していました。
教え方も、比較的慣れた人が、冷静に「教授する」という感じでしたね。


しかし、この度耳にした新人教育は、そういう内容とは全く違うもので・・・


いわゆる、職人⇔弟子関係と言いますか^^;
私から見ると、とても「熱い」教育です。


若者も少ないこのご時世、途中でいきなり辞める人も多く、また、厳しい教育には耐えられない人が多い、とも言われています。


でもその職場の上司は、そんな事全く気にしていないような、遠慮のない熱い(というかコワイ)教育で、怒鳴り声もちょくちょく聞こえてきまして・・・


いやー・・私、怒鳴り声とか、苦手なんですよ。
自分に言われているのではなくても、心拍数があがり、オタオタと、挙動不審になります。


この人(上司)は、本当にこれが新人に対して、効果的な教え方だと、思っているんでしょうか・・。


そんな大声出さなくても、普通に教えれば良いじゃん・・・と思うのは、私が職人ではないからか。


そのような厳しい教育をする人は、えてして、自分もそういう教わり方をしたから、他人にもそうする・・・という事が多い気がします。


自分も若い頃、怒られながら、殴られながら物事を習得したので、そんなの当たり前。耐えられないのなら、所詮その仕事は無理、と思っているフシがあります。


実際はそんな事はなくて・・普通に教えても、習得できる人は、できる。


確かに、ものすごく厳しい上司から教わる事で、熱意のより強い人が、残る可能性はあるけれども。そして、密な師弟関係を築けているような気もするけど。


でも、仕事の習得の速さや、モチベーションが上がるかと言えば・・・


どうなんだろう?


私は職人世界に入った事がないので、はっきりとはしませんが・・・変わらないんじゃないかなあ。


過剰に厳しく、苦労を強いる世界を見せられると、反発の気持ちの方が強く出てくるのは、おそらく私がフリー業での一人仕事が長く、その上、体育会的な上下関係が、メチャ苦手だから、・・・かもしれません。


でも、心臓に悪いよねえ。臨時の職場で良かったw




銀座の風物詩~涼し気なお魚たち

先週、友人とランチ会のため、銀座に出かけてきました。


数寄屋橋交差点にあるソニービルには、毎年、沖縄の美ら海水族館監修の、巨大水槽が置かれていましたね。


長年にわたって行われていたイベントなので、ご覧になった方も多いかも?


銀座の夏の風物詩ですね^^


私自身も、期間中、銀座に行く事があれば、必ず見ておりまして・・・「今年も夏が来たなあ・・!」としみじみするのが常でした。


しかし、現在、ソニービルは建て替え工事中なんですねー。
巨大水槽も、今年は見れないな・・・と思いつつ、有楽町駅を出たのですが・・・


やっていました!

駅前の広場に、巨大水槽が置かれていましたよ~。

場所はちょっと違うけど、今年も色とりどりの魚たちが見れて、なんだか安心しました。


東京駅周辺は、建築ラッシュですね。


銀座周辺も建て替え中の所が多いですが、とにかくあの近辺は、工事現場だらけです。


東京オリンピックに向けての建築ラッシュかもしれませんが、その「後」は、どうなんでしょうねー・・・


オリンピック自体に莫大なお金が必要になる事はもちろん、あまりにもオリンピック頼みな部分が大きく・・・そんな楽観的で大丈夫かいな、と思ってしまう。


景気低迷がずっと続いていたし、パアーッとお祭り騒ぎをして、景気良く(シャレではありません)行きたい気持ちがあるんだろうけど


個人的には、やるべきではない場所(お金に余裕がない国)で、やるべきではない時期(猛暑)に、ビックなイベントを呼び込んじゃったなー・・・


という感想です。

植物が元気!

今年は、梅雨明けしたはずなのに、真夏に突入しても、雨が多いですね。


雨が降らなくても、毎日「降りそうな」どよーんとした天気。


そのせいか、今年は雑草の伸びが早い上、よく茂っています。


うちは、周りを空き地(というか、荒れ地?)に囲まれており、梅雨~夏にかけて、毎年緑に襲われます。


今年は特に、刈っても刈っても、元気に生えてきますね~^^;


家の裏側。

ほとんど出入りしない場所なためか、しばらく見ない間に、緑がざざーっと塀を乗り越えて、侵入してきます。

今日は、曇り空の上、気温も30度以下だったため、思い切って草刈りと草むしりに精を出しました。


結構腰に来ますね・・


どんどん処理をしないと、あっという間に雑草に埋もれるため、割り切って刈っていますが・・


つゆ草とか、ホントは大好きです^^

この青は、なかなかない色合いですね。


素敵なガーデニングをされているお宅もありますが・・


あれも、日々の不断の努力(草むしり/草刈り)によって維持されているんですねー。

50年後の自分

面白い記事を読みました。

このライターさんの記事は、他でも少し読んでいるのですが、なかなか興味深いテーマを提供してくれます。


この、50年後の自分を想像する、という記事には、笑ってしまいました。


まあ、実際の所、50年後の自分は、死んでいるでしょう^^;
さすがに生きていないだろうな~。


この記事は、アラサーくらいの女性をターゲットに書かれているのだろうから、その辺は仕方ないとして。


要は、女性の場合、結婚しようがしまいが、現在の状況がどうであれ、死ぬ時は必ず1人になる。
1人になった時の、おばあさんになった自分を、どう想像しますか?


というお話です。


たとえパートナーがいたとしても、女性は無意識のうちに「最後は1人になる自分」を前提にしているのではないだろうか・・と。


↑これ。
当たっていると思う。


女性全てが、そう考えているかはわかりませんが、少なくとも、私の既婚の友人たちも、なぜか?・・・


必ず夫が先立つ、という前提で話をしてきます。


男性も、そう思っているのじゃないかなー・・
妻より長生きするのは、想定外、と。


私自身も、最後は1人・・という気持ちを、子供の頃からずっと持っています。
それは、生涯独身であるだろう、という考えとセットだったのだと思います。


でも、結婚したからって、その考えが変わる事はありませんでした。


私自身の、50年後(まあ50は無理でも、40年後とか^^;)。


今の家で、夫とともに老人になっている自分よりも、


仲の良い女友達の家の近所に住み、細々と今の仕事の延長っぽい事をしながら、


小さな部屋に1人で住んでいる自分の方が、


なぜか現実感を持って、想像する事ができるのです。


とは言え、この記事を書いたライターさんも、記事の中の写真集を出した女性も、私のような「この記事面白い!」とブログに書いちゃう人も、


ある意味「偏った考えを持っている一群」であるとは思います。


だから、実際に統計を取ったら、


「共白髪/縁側/日本茶」がベストの50年後の姿だよ!


と思う人の方が、ずっと数が多いかもしれません。