人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

本当の事を言う人。言わない人。

友人が、会社を辞めたい・・・という話を、最近するようになりました。


辞めたいけど、やめられない。
愚痴を言いたいから聞いて?・・・というなら、フンフン聞いて「一杯飲みなよ」となるのですが。


辞める事に決めたそうで。


そしてその際に、「その会社を辞める理由として、思っていたことを言うのはNGか?」と尋ねられました。


会社の部署の雰囲気があまりにも悪く、毎日ストレスフルだったそうです。

直接的に、いじめ?(加害?)的な事があったかは、わかりませんが、他の場所でも何度かそういう事があったので・・・色々言われたのかもしれないなあ。


辛いなら、やめた方が良いと思う。

でも、辞める時に「部署の雰囲気が悪すぎて、皆さんの○○な部分がダメで、続けられない」と言うべきかというと・・・


私個人は、言わない方です。


無難に、家庭の事情とか、介護とか、体調とか、引越とか・・・
誰が聞いても「仕方ないね」と思う理由を、ひねり出すと思う。


でも、彼女の「最後に、どんないやな場所だったか、言いたい!」という気持ちもわかる。
ここで相手に言っておかないと、もやもやした心の中のストレスが、行き場を失ってしまうんだね。


わかる。

わかるけど・・・個人的にはおすすめできない。


言う事で心の中のストレスが、少しは晴れるかもしれない。
でも言う事で、別のストレスを引き受けなければならないかもしれない。


人は、「アナタ間違っている」と言われた時に、「そうだね・・・ごめんね」とは、そうそう言わないと思う。


おそらく、反論され、もしかしたらもっと攻撃されるかもしれない。「アナタが悪いのよ」と。


「みんな普通に仕事できているのに、アナタできないんでしょ?あなたに責任あるんじゃないの?」と言われるかもしれない。


いじめ問題だって、被害者に問題あり・・・という意見が多いこの国です。雰囲気が悪く、攻撃的な人が多い職場ならば、こう言われる可能性は大だと思う。


逆に、「そんなに辛かったのね・・ごめんなさいね。改めるから、もう少し続けて?」と言われたら、どうする?


辞める理由がなくなったら、やめられない。


本当に思っていることを言う事で、他にも色々な可能性バージョンが出てきます。


いずれにしても、「○○だから辞めたい」→「わかりました」とは、なかなか行かないのではないかなあ・・・。


そこを辞めるつもりなのに、また新たなストレスをしょい込んでしまうんではないかなあ・・・。


私自身は、「本当の理由を言う」事で、良い事・悪い事を天秤にかけると、悪い事の方が多いのではないかな・・・と思っています。


ただ、「思っていたことを(理解されなくても)言う」という事が、彼女にとって何よりも大きく、重い事であれば、上の天秤は、逆に傾くのでしょう。


最終的には本人の判断です。


「真ん中ちゃんなら、どうする?」と聞かれたからには、自分の考えを話しておかなければなー・・・と思います。


でも、彼女はきっと「思っている事を、言った方が良いよ!」と言ってもらいたいんだろうなー・・・


なんて言ってあげたら良いだろう・・・。


友人には、明日会う約束をしています。
悩む・・・(ーー゛)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。