人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

師走に暗いモノは、良くなかったかも・・?

普段、本を購入するのは、もっぱらアマゾンです。


田舎に住むようになって、周辺に大型書店がない事も、本屋巡りをしなくなったことに拍車をかけています。


子供の頃から本が好きで、休みの日は、書店も古本屋も、合わせて4~5軒見て回るのを、何よりの楽しみにしていました^^


この習慣は、中高生の頃から始まり、ここに引っ越してくるまでずっと・・・30年くらい続きましたねえ。


アマゾンは、欲しい本が決まっている時は非常に楽なのですが、


特に目的がなく、「なんか面白い本ないかな~・・」と思って眺めるには、不向きです(;^ω^)


先日、街中へ出る事がありましたので、久しぶりに大型書店に寄って、じっくりと本棚の間をうろつくことができました。


本屋は良い^^


今後、「紙の本」がどのような方向に向かうのか、わかりませんが・・・・


書店も、無くなってしまうのでしょうか。


この楽しみは無くしたくないなあ。


今回買った本。

ミステリーは色々読みましたが、実は私、アガサクリスティーを読んだことがないのです。


これは、初・クリスティー。


津山三十人殺し、は、先日こんな本↓を読んだので、その影響。

この本は、映画「サイコ」のモデルにもなったと言われる、殺人者エド・ゲイン事件のノンフィクションです。うちの本棚に入っていたのを、数十年ぶり(!)に読み返しました。


そしたら、読んだ後、結構ずっしり来ましてね・・・。


ずっしり来ると同時に、人間の中でも、かなり異常な心理を持つであろう、彼らのような存在に、妙に興味が出てしまいまして。


津山三十人殺しも、映画「八つ墓村」に影響を与えたと言われていますが、日本の犯罪史上、かなり大きな事件でしたね。
本屋で目にしたので、思わず手に取ってしまいました。


・・・もう少し、明るく、楽しいものを選べば良かったかも(;^ω^)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。