人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

50年後の自分

面白い記事を読みました。

このライターさんの記事は、他でも少し読んでいるのですが、なかなか興味深いテーマを提供してくれます。


この、50年後の自分を想像する、という記事には、笑ってしまいました。


まあ、実際の所、50年後の自分は、死んでいるでしょう^^;
さすがに生きていないだろうな~。


この記事は、アラサーくらいの女性をターゲットに書かれているのだろうから、その辺は仕方ないとして。


要は、女性の場合、結婚しようがしまいが、現在の状況がどうであれ、死ぬ時は必ず1人になる。
1人になった時の、おばあさんになった自分を、どう想像しますか?


というお話です。


たとえパートナーがいたとしても、女性は無意識のうちに「最後は1人になる自分」を前提にしているのではないだろうか・・と。


↑これ。
当たっていると思う。


女性全てが、そう考えているかはわかりませんが、少なくとも、私の既婚の友人たちも、なぜか?・・・


必ず夫が先立つ、という前提で話をしてきます。


男性も、そう思っているのじゃないかなー・・
妻より長生きするのは、想定外、と。


私自身も、最後は1人・・という気持ちを、子供の頃からずっと持っています。
それは、生涯独身であるだろう、という考えとセットだったのだと思います。


でも、結婚したからって、その考えが変わる事はありませんでした。


私自身の、50年後(まあ50は無理でも、40年後とか^^;)。


今の家で、夫とともに老人になっている自分よりも、


細々と今の仕事の延長っぽい事をしながら、小さな部屋に1人で住んでいる自分の方が、


なぜか現実感を持って、想像する事ができるのです。
それを望んでいる訳ではないのですけど、ね。


とは言え、この記事を書いたライターさんも、記事の中の写真集を出した女性も、私のような「この記事面白い!」とブログに書いちゃう人も、


ある意味「偏った考えを持っている一群」であるとは思います。


だから、実際に統計を取ったら、


「共白髪/縁側/日本茶」がベストの50年後の姿だよ!


と思う人の方が、ずっと数が多いかもしれません。




ジェーン・スーの本

最近買った、ジェーンスーの


今夜もカネで解決だ!

・・・を読みました。


ジェーン・スーの本は、


私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな

からほぼすべて買っております。


面白いですね!


私はこの手の、妙齢おひとりさま話が大好きで。
酒井順子などもかなり持っています。


既婚になってからの年数よりも


「妙齢おひとりさま」だった時代の方が


圧倒的に長かったので・・・


おそらく、根本的自我の部分は、ずっと"妙齢おひとりさま"のまま・・・なのかもしれませんw


今夜もカネで解決だ!は、稼いで、疲れて、使う・・・という、都会で働く疲れた女性必見の、マッサージ遍歴本です。


「女性版『孤独のグルメ』マッサージ編。日本のすべての働く女性、必読の書です。」
――歌手・野宮真貴


 稼いで、疲れて、使って、稼ぐ――。
 著者自身が「いったい幾ら使ったんだ。」と途方に暮れるほどのマッサージ遍歴と、
 体を預ける一期一会のセラピストたちの心持ちや技術への感謝や敬意、
 同じ働く女性としての共感がこめられた、現代社会を洞察する一冊。
AERA人気連載の書籍化。


都会で働く女子の・・、というところがミソで。


色々なマッサージ、リラクゼーションの情報が出てきますが、おそらく都会特有の選択肢の多さなのでしょう。


そんなに安く、最先端の施術が受けられるのか・・・ウラヤマシイ!!


と、田舎暮らしの身として、思ってしまいます。


この手の本を、面白く、スマートに書けるのは


生まれながらに東京に住んでいる、教育水準の高い女性に許された特権、なのかもしれません。


いずれにしても、日本に住む女性の中でも、もっとも選択肢の多い人生を手に入れている訳で


「あえて」自由で、消費能力旺盛な、一人の暮らしをしている女性の話が、面白くないはずありません。


こりゃー下手な結婚なんて、したくないよねえ。
楽しいもん^^


貴様いつまで女子でいるつもりだ問題


も、


なかなか面白かったです^^

暑くてたまらんねー・・

台風が通過したと思ったら、この暑さ・・・


今日はまた、身に危険を感じるくらいの暑さでした。


体感的には、外の気温が、自分の体温と同じくらいだった気がします。


夏も冬も、不快指数が高い季節は、Pちゃんの部屋、ずっとエアコンを入れています。


Pちゃん、"ものすごい暑さ"というのを、体感した事はないかも?


でろ~んとしたり・・・

ごろ~んとしたり・・・

いずれにしても、のんきに過ごしていますw


先代猫を飼っている時は、自宅仕事ではなかったので、日中の猫の様子は全くわかりませんでした。


暑い夏や、寒い冬。


エアコンやホカホカマットで、留守中の室温調節をしていましたが、彼らがどうやって寛いでいたのか・・・・


知らない時間がたくさんありました。


もったいないことしたなあ・・・


一生懸命仕事して、お金を生み出すことが、彼らのためもなっている・・と思っていたけど


もっとたくさん、のんきにくつろぐ姿を、見ておきたかったなあ^^


毎日、Pちゃんの楽しい姿を見られて、いま、とっても幸せです。





オムライス考察

どうしてもオムライスが食べたくなり、作りました。


オムライスって、普通は、皆さんどうやって作るだろう?


ケチャップライスを作った後、


フライパンを洗って


ちゃんと油をひいて


卵を焼いて


そして、ケチャップライスを包みますか?


私はこの、「ケチャップライスを卵で包んで、きれいなオムライス状にする」


というのが、最近めんどくさくて。


いり卵状になった卵を、どん!と乗っけるだけになりました。

味は美味しいですよ^^;


これ、自分の分だけだからできる事で、夫の分も作るとなると


この形状では出しません。ちゃんと卵でご飯を包みます。


1人暮らしと、夫婦暮らしと、何が一番大きな違いかと言うと・・・


料理に緊張感が出たこと、かなあ。


自分1人の分だったら、雑な料理は全然OK。


むしろ、雑なのに美味しい!って、自分スゴイ!!


と、大絶賛ですw


でも、他人も一緒に食べるとなると・・・


色々気を遣うので、上記のようなオムライスは出せません。


ちなみに、夫は調理師免許を持っていて、元・調理の世界(誰もが知る超高級料亭)にいた人間。


さらに言えば、夫の実家は


専業主婦の母親が、100%完璧な料理を出し


おやつに手作りお菓子を作って


わが子の帰りを待ってくれていたという・・・


うーん・・色々な意味で、ハードルの高い人間です。


私の実家は


両親共働きでおやつの習慣はなく(そのため、下校後はいつもおなかが空いていたなあ・・)


母親は料理が下手だったという・・


食育の世界では、サラブレットと野生児くらいの違いがありますねw


夫がオムライスを作る場合、


ライス用/卵用と、フライパンを別々に用意し、


デミグラスソースをベースに、ソースを作り


真ん中を割ると「とろ~り半熟卵が出る仕様」のオムライスを作ります。


世の中、色々な人がいるからねえ・・・。


オムライス1つとってもこのくらいの違いがある為、


最初は、お互いカルチャーショックが大きかったなあ・・


今は慣れましたけどね。


でも、専業主婦家庭に育った割には、


「家事・料理・掃除は女がやるもの」


・・・という感覚を、ほとんど持っていないのはすごい、と、素直に思います。



ウォーキングのおともに・・・

先日、ちょっと長めにウオーキングをしましたが


その後、あれってどのくらいの距離だったかなあ・・と、気になっておりました。


気になった時には、いつもすぐにAmazonのサイトを開く自分^^;


友人が以前教えてくれた、リストバンドを買うことにしました。


「歩いた/走った距離を知りたければ、万歩計」と思っていましたが、さにあらず・・・


現在では、距離や歩数はもちろんのこと、


消費カロリー


心拍数


睡眠計


SNSの通知


電話着信通知


もちろん時計も・・


等々の機能がつき、なおかつ、スマホと同期して、データ管理までできるという・・


そんな便利なものが、安価で買える時代なのです!


買ったのはコレ↓

アマゾンで3000円程だった活動量計。


ウォーキングの距離を見たい・・と思った時に、万歩計を選ぶか、この手のトラッカーを選ぶかで、年配度がはかれる気がして・・


若ぶってトラッカーを選んだ次第ですw


でもこれ、英語&中国語表記のマニュアルしかついておりません。
機能をマスターするのに少々時間がかかりそう^^;


ぜひ使いこなしたいですねー。