人生真ん中あたり

40代半ば。長い人生、今ちょうど真ん中あたり?まだあと半分あるのか!?ひょえー・・

料理・掃除・洗濯・・・

先日ツイッターで見かけた「トウモロコシ唐揚げ」

が、めちゃ美味しそうな上、簡単そうだったので、作ってみました。


①トウモロコシを三分割の長さに切り、さらに芯ごと四分割。


②片栗粉をまぶして揚げる


③醤油&砂糖&バター(量適当)をレンチンして②にまぶす


出来上がりは、こんな感じ↓

なにこれめちゃウマい!


あまりのウマさに、2日連続食べてしまった^^;


簡単ですよ。
今の時期、トウモロコシがたくさん売られているし安いし、おススメ!


うちは、食事作りは、当番制を導入していまして。


私が当番の時には、このような簡単料理を並べる事が多いです。ちなみに、この日は、この他、カタ焼きそばとモモが夕食でした。


夫も私も働いており、生活費も完全二分割な為、家事も二分割できるようにしています。


あまりにもどちらかに家事やお金が偏ると、心の狭い我々のような人間は、きっと不満がたまると思うのです。


ちなみに・・


2人とも食べる事にこだわりはありますが(料理が苦ではない。美味しい物が好き。)


掃除には、こだわりが全くなく・・・・いやむしろ、掃除ギライ?


どちらかが神経質だったら、相手が許せないレベルw


あんまり床が汚れてきたら、充電式のハンディ掃除機でささーっと掃除をするのが私。


お風呂やキッチンなど、水回りが「ひどいな・・」と思いはじめたら、一気に大きく掃除をするのが夫。


洗濯は、お互い争いになるだろう・・とわかっていたので、最初からドラム式を導入し(お金も折半)、乾燥まで洗濯機に任せる事に。


そこそこバランスとれている、かな?


時間的に見ると、日常の掃除やキッチンの皿洗いなど、私の方が若干多く働いている気がしますが、夫の方が、多めにお金を出す場面も、ちょこちょこあるので


まあ・・・今の所イーブンでしょう^^


2人とも、自分が損をしても、お互いのために働こう!・・・という気概があまりないみたいで・・・


ないと、ギスギスした日常になりますよね・・。


普通の夫婦とそこが違う、と、自分でもわかっているので、なるべく意識して、できる事はするようにしています。


客観的に見たら、1人暮らしだったとしても、やらなければならない事ばかりですからねえ。

東京タラレバ娘を一緒に観るPちゃん

今更ながら・・


dTVで

を観ていますw


ドラマのターゲット層が思いっきり下なので、


とっても共感!


・・・は、できませんが、「この年代の女子って、そういう部分があるねえ」と、少し、思います。


面白いですよw
なんだかんだ言って、毎晩観ています。


ドラマの感想は置いといて。


部屋で動画を見ていると、普段はあまり興味を示さないPちゃんが、なぜかこれに限っては、一緒に観たがります。


ちなみに、Pちゃんオトコノコ。


女子的ドラマが好きなのは、なぜでしょう?


先代猫たちは、TVや動画に全く興味を示さなかったので、ネコってそういうものだ・・・と思っていましたが・・


Pちゃんは、物によっては動画を観ます。


ネコ動画なんかも大好きで、


岩合光昭の世界ネコ歩き - NHK

・・も、一緒に観ますw


Pちゃん。


話の分かるオトコ。




男と女の間には・・

毎日、仕事の合間に東洋経済オンラインをつらつらと眺めるのが日課です。


今日見た記事の中に、

って記事がありまして。


簡単に言うと・・


この記事を書いた人の昔の彼女が、彼自身に与えた影響が大きく、今も自分の中で形となって残っていて。それは聞く音楽や読む本だったり、食べ物や今の自分の口癖だったり。忘れがたい"元カノ"が自分の中で生きている、という内容。


ほんとにざっくりですがw


面白い。


そうか、男って、そうなんだ・・・


・・と、単純に"男の総論"と理解してはいけないのは、意外と反論の多いコメント欄を見れば一目瞭然なのですが。


ただ、そういうロマンシズム?夢見がち?なところが、男性の中に存在している・・・というのは、真実じゃないかなあ。


女性よりも、そういう人が多いのでは。


嫌だったことや悪意は、比較的忘れてくれている。女性は逆に、執念深く覚えていますからねえ・・


きっと、太古の世界で、


男性は、覚えていると戦意喪失になるので、狩りに行けなくなっちゃうから、悪いことを忘れる必要があり、


女性は、自分と子供の身の危険を回避するため、悪いことを覚えている必要があったんでしょう。


上記記事を書いた人は、40過ぎた今も、青春時代の彼女に、心の中の居場所を大事にとっておいてあげているのですが


それはよほど良い恋だったんだろうねえ・・・。


その元カノの方が、彼との恋愛を、どんな思い出BOXに入れているか・・・は、この際どうでも良いのです。


おそらく、彼とは違う処理をしているでしょうから。
当然の事です。


お互いが、会うことがなければ、その齟齬を確認する機会もないわけで。


きれいなもの(思い出)に、傷(現実の相互確認)をつけずに、済むでしょう。


彼にとって、この上ない恋愛だった・・ということが、この記事のテーマなのです。


小説や映画の世界だけでなく、現実世界でたまーに、この手の"キラキラした宝物"を持っている人がいますが・・


うらやましい^^


誰でも持てるものではない。


ほんと、素直に、うらやましい、と思います。


人間ドック行きました

先日は心療内科。


今週は人間ドック。


正に、心と身体のメンテ中・・・って感じですw


人間ドック。
受けるのが初めてなんです!


それ以前に、そもそも健康診断を受けたことがあまりありません。前回は、3~4年前だったかな・・・?


フリー業というのは、自分で「やろう」と思わない限り、この手の事には、見ないふりをしがちです。


人間ドックは高額だ・・・というのも、行きたくない理由の1つでしたが・・・。


実は、人間ドックの費用は、市町村などで補助が出るんですねー。
調べてみたら、結構出してもらえるんですよ。


私の住む市町村は、お金がなくて知られていますが、それでも25000円までなら、検診費用を出してもらえます。


これ、知らない人多いんじゃないかなー・・・?


たいていの市町村では、出してもらえると思いますよ!何といっても、私の住む場所(貧乏)でさえ、出してくれるのですから・・・。


せっかくなので、乳がん検診や子宮頸がんの検診もつけたレディースドックを申し込みました。5万弱でしたが、半分は返ってくるので^^


検診って、なかなか大変なんですね。


普通は、皆さんマンモグラフィーや子宮頸がん検診が、痛くてイヤ!と言われますが、私はそれよりも眼圧検査の方が辛かった!


眼圧検査・・あの、眼球に風を「ヒュッ!」と送るやつです。


そして、私はこの手のイタイ事には非常に臆病なため、胃がん検診については、バリウムも胃カメラも選ばず・・・


ABC検診(採血でピロリ菌等を調べるやつです)で済ませるという軟弱ぶり。
ま、まあ、これで異常が出たら、いずれにせよ胃カメラ飲みますから・・


病院は、検診専門の病院で、たくさんの人が人間ドック&健康診断を受けに来ていました。
1日に見る患者数が、かなり多人数なのだと思います。全ての流れが効率良く、そして、皆さん技術が上手いw


結果が出るのは1週間後です。
怖いなー・・・絶対何か出て来そう。


人生半分の所に来て、今、自分の生き方(主に健康関係)について、見直しし始めている所です。




This is the 田舎暮らし!

田舎暮らしの醍醐味と言えば・・・


家庭菜園ですね!タブン・・


引越して来てから、毎年春~秋は、何かしら庭で野菜を育てています。


きちんと勉強してやっている訳ではなく、買ってきた苗を地植えして、水やりするくらいで、ほぼほったらかし・・・


さすがに草取りはしますが、農薬を使わないので、虫に狙われたら、アウトです。


手間のかからないナス、キュウリ、トマト、ピーマンあたりが、毎年の定番です。


しかし今年はキュウリがダメでした(>_<)
作って早々に、葉の色が変わり、枯れてしまった。何かの病気だったかも?


そして、トマトも先日枯れました・・


ナスも、あまり大きくならないなあ・・・


今年は不作なんでしょうか。


そんな中、ジャガイモだけは、そこそこ収穫できました^^

数は多いけど、小さい子じゃがばかり・・でもまあ良いんです!

自分の手で植えて、成長を見守って、収穫する。
この過程が、とても楽しい。


本当は、レモンや柚子など、かんきつの木を植えてみたい。


また、紫陽花やライラックなども、植えてみたいなあ・・・。


でも、この家にずっと住まないのかもしれないから、長期に渡って育てる草木は、植えられないなあ・・と思って。


その為、うちの庭は、中途半端な家庭菜園&ただの空き地・・・のような雰囲気ですw